Blog&column
ブログ・コラム

牛乳を飲むとお腹壊す」という症状の原因は何?

query_builder 2021/06/05
コラム
10
牛乳を飲むとお腹壊す」「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする」という話を聞いたことはありませんか。
身近な飲み物である牛乳で体調を崩してしまうのだとしたら、大変ですよね。
では牛乳によってお腹が壊すと言われる原因について見ていきましょう。

牛乳でお腹を壊す時に考えられる理由とは
牛乳を飲むとお腹壊す」という場合は、原因として「乳糖不耐症」と「アレルギー」が考えられます。

■乳糖不耐症
乳糖不耐症は、牛乳に含まれている乳糖を消化吸収するラクターゼの分泌不足で起こります。
考えられる症状は消化不良・腹痛・下痢などで、強さには個人差があります。
少量の牛乳なら問題はないものの、大量に飲めばお腹を壊すという人も少なくありません。

■アレルギー
アレルギーは、原因となる食品を摂取することにより起こります。
考えられる症状は腹痛・下痢・じんましん・呼吸困難などで、やはり症状の強さには個人差があります。
ただしアレルギーは深刻な症状を引き起こす可能性がありますので気を付けなくてはなりません。
そのため、アレルギーの可能性があるなら、医療機関の受診をおすすめします。

▼まとめ
乳糖不耐症であれば、温かい牛乳を少しずつ飲むと、症状が出にくくなります。
牛乳は好きだけどお腹壊すから飲みたくない」と考えているなら試してみてくださいね。
鶴見区で牛乳の宅配をお探しなら「明治牛乳放出水口乳販株式会社」が承っております。
質の高い新鮮な牛乳をお届けしておりますので、利用を検討されているなら、ぜひお問い合わせください。

NEW

  • 牛乳配達の便利な所と今必要とされているわけについて

    query_builder 2021/05/14
  • グルコサミンの効果と摂取量について

    query_builder 2022/10/02
  • 牛乳瓶の歴史と美味しい理由について

    query_builder 2022/09/01
  • 乳酸菌の効果について

    query_builder 2022/08/03
  • 賞味期限が切れた牛乳について

    query_builder 2022/07/05

CATEGORY

ARCHIVE